Archives

婚約指輪の必要性について話し合おう

クリスマスや2人にとっての記念日や女性の誕生日などに男性から女性へ婚約指輪をもってプロポーズする、というのが一般的です。

しかし人によって考え方の違いもあり、婚約指輪はいらないという女性もいます。

意外と知らない人も多いのですが、婚約指輪は婚約記念品という意味もあり、結納返しとして男性側に同等もしくは半額程度の物をお返ししなくてはいけません。

婚約指輪をいらないというのは、結納返しをしたくないという理由の場合もありますが、ワガママではなくお互い無駄なお金を使わないという気配りの場合もあります。

しかし後になって、愛する女性に婚約指輪一つ買ってやれなかったと後悔する男性もいます。

新婚生活は新しいものを揃えたり、何かとお金が掛かったりします。

ケチなのではなく、生活の事を考えて婚約指輪は用意しないと言う事もあるのです。

プロポーズには婚約指輪が必需品というのは世間一般の常識ですから、必ずしもそれに従わなければいけないという事はありません。

見栄を張って高い婚約指輪を買って、後で生活が苦しくなるよりは、生活資金に余裕が出来た時にダイヤモンドリングを贈るというのもありです。

これについては男性側の貯金なども関係してきますが、婚約指輪は用意しないという事になっても、結婚式では結婚指輪交換をすればいいのではないでしょうか。

わざわざ結婚指輪を用意せず、ペアリングでもいいでしょう。

お互いが話し合って納得している事も大切ですね。

婚約指輪無しという場合は、結婚指輪を手作りしてみるのもオススメです。

手作りといってもおもちゃのような物ではなく、きちんとした形の誰が見ても恥ずかしくない結婚指輪が作れます。

デザインから2人で考えて形にしていきますので、ただ既製品の結婚指輪を選んで購入するよりも、気持ちがこもった温かい物になると評判です。

大抵の場合、2人で行うのは指輪のワックス型をつくるまでの作業ですが、自分達で考えたデザインを形にできる事から、思い出にもなります。

そこから先はジュエリー工房の職人やジュエリーデザイナーが担当しますから、完成度の高い結婚指輪になるのです。

結婚するにもなにかと費用がかかりますし、結婚指輪まで用意すると費用ギリギリという事もあるでしょう。

手作りなら費用も抑えられますので、既製品を買うよりもメリットは多いといっていいでしょう。

完成までには約1ヶ月かかりますが、余裕を持って用意しておけば結婚式にも間に合います。

婚約指輪の代わりになるもの

婚約指輪を手に持ってプロポーズするのが今のスタイルですが、この時必ずしも婚約指輪=ダイヤモンドリングでなくてはいけないのでしょうか?
中には仕事柄指輪をはめていられない人もいますし、元々装飾品が好きではない人もいます。

女性なら誰もがダイヤモンドの婚約指輪に憧れると思われがちですが、中には婚約指輪の代わりに違う物を選ぶ人もいます。

Continue reading