婚約指輪は職場にしていける?

婚約指輪をもらったという事は、恋人からプロポーズされたという事です。

今まではファッションリングやペアリングだったのに、ある日を境にダイヤモンドのリングになっていたら、もしかしてプロポーズされたの?と聞いてしまう事もあるでしょう。

仲のいい友達同士ならここで一気にお祝いムードになりますが、職場の場合は色々と対応も変わってきます。

婚約指輪をもらったら職場に付けていくという人もいれば、いろいろな理由から職場には付けていかないという人もいます。

婚約指輪を職場に付けていくかどうかについては、様々な意見があります。

上司や同僚も婚約予定の恋人が居る事をしっており、職場の雰囲気もアットホームなら周りの人も祝福してくれるでしょうし、自分も変な気遣いをせずに済みます。

しかし職場に独身のお局様が居ると、自分より先に結婚が決まった事を快く思わない事もあるので、職場の雰囲気が悪くなってしまう事もあるでしょう。

たった1人のために雰囲気が悪くなったり、おめでたい事なのに必要以上に気を遣ったりするのも疲れますから、こういう場合は職場には付けていかない方がいいかもしれません。

もし結婚後退職するというなら「限られた期間だけがまんすればいいの」とあえて婚約指輪を付けておき、ツッコミ待ちするのもいいかもしれません。

ただし職場の雰囲気も考えておきましょう。

仕事にも種類がありますが、例えば貴金属をつけていると非常識になるような仕事の場合は控えたほうが賢明です。

嬉しい気持ちもわかりますが、せっかくのおめでたい事も非常識な行為となってしまうと残念です。

どうしても身につけていたいのなら、ネックレスチェーンに通して、首につけておきましょう。

これなら付けたり外したりしてうっかり紛失する事もありませんし、肌身離さず持っていられます。

エンゲージリングはダイヤモンドを選ぶ事が多いので、どうしても目立ってしまいます。

悪気はなくても人によっては気分を害する人もいます。

事務職の場合は特に仕事に支障は出ませんが、工場勤務のような場合は仕事柄指輪が邪魔になる事があります。

こういう時もネックレスにして身につけていれば、なくさずに済みます。

派遣社員の場合は職場の雰囲気にもよりますが、派遣のくせに生意気と考える女性社員もいますので、ネックレス作戦がいいかもしれませんね。

だいたい職場の雰囲気や人間関係で判断できると思いますので、ここは社会人として大人の対応をしておけばいいでしょう。