婚約指輪の平均価格について

一昔前は婚約指輪の相場を給料3ヶ月分とするのが一般的でした。

未だに給料3ヶ月分の婚約指輪を目指す男性もいますが、最近は婚約指輪はなし、というのも少なくありません。

理由についてはいろいろありますが、給料の3ヶ月分というのは一般レベルの人にはかなり無理があります。

欧米人は宝石に対する考え方も違うので、年収が高い人は高価な指輪を贈るのが当たり前のようになっています。

日本でも芸能人などは給料の桁が違いますから、1ヶ月分でも相当高価な婚約指輪を購入できます。

女優さんなどは眩いばかりに光り輝く、海外ブランドの高級ダイヤモンドを使った婚約指輪をしていますが、このような高級ジュエリーを身につけられる人はごく一部です。

しかしいくら婚約者が裕福な人でも、婚約指輪を受け取ったら結納返しとして、女性から男性に何かをお返ししなくてはいけません。

婚約指輪の金額が高いほど、結納返しも高くなるのです。

女優さんなら高価な結納返しも可能ですが、ここは双方の話し合いで決める事なので、参考程度に覚えておけばいいでしょう。

人気ブランドのダイヤモンドリングになると、お値段も給料の3ヶ月分は軽く超える物があります。

ここ数年で結婚に対する考え方が変わってきており、あまり婚約指輪の金額やブランドにはこだわらないようになっています。

もちろん相手の年収により違いもありますが、ここ数年、婚約指輪の平均価格は20万円台となっています。

個人差もありますが結婚を考える年代にしては、給料の1ヶ月分程度でしょう。

以前に比べてあまりお金をかけなくなっていますが、上を見たらキリがありません。

結婚はある意味現実に向き合うことも必要ですから、平均価格を参考にして予算を決めるのも悪い事ではありません。
関連ニュース:プロポーズ前に知っておくべき婚約指輪の15のこと「サイズ」「タイミング」「相場」 | 株式会社LIG

婚約指輪にはダイヤモンドを選ぶ事が多くなりますが、ダイヤモンドは大きさよりも品質が重要です。

カラットの違いで見た目は変わりますが、大きなダイヤモンドでもクオリティーの低い物は見た目にも綺麗に見えません。

購入場所によりダイヤモンドの品質もかなり変わってきますが、鑑定書が付いていますのでダイヤモンドを購入する時はカラー、カット、クラリティ、カラットの4Cをチェックしておきましょう。

ブランド宝石だけでなく、実績のある宝石屋さんなら質のいいダイヤモンドを扱っていますし、希望すれば予算に合わせてルースを探してもらう事もできます。

ルースからデザインを決めてオーダーメイドするのもいいかもしれません。