婚約指輪の代わりになるもの

婚約指輪を手に持ってプロポーズするのが今のスタイルですが、この時必ずしも婚約指輪=ダイヤモンドリングでなくてはいけないのでしょうか?
中には仕事柄指輪をはめていられない人もいますし、元々装飾品が好きではない人もいます。

女性なら誰もがダイヤモンドの婚約指輪に憧れると思われがちですが、中には婚約指輪の代わりに違う物を選ぶ人もいます。

何らかの理由で指輪をつけない人は、婚約指輪代わり、結婚指輪代わりに、婚約腕時計という選択肢もあります。

婚約指輪をもらった場合は女性からも結納返しをします。

この時男性に時計を選ぶ事が多いため、最初からペアの腕時計で婚約指輪代わりにするという選択肢もあります。

婚約指輪となるとある程度形やデザインも決まってきますが、普段の服装にあわない場合は、ダイヤモンドのファッションリングを婚約指輪代わりにする事もできます。

ペアリングを結婚指輪代わりにする事もできますので、高級リングを選んでおけばペアリングも活用できます。

少し変わったところではティアラを選ぶのもありです。

普段見つける事はありませんが、結婚式の時にはティアラが活躍しますし、その後はケースに入れて飾っておけばインテリアにもなります。

パールネックレスは冠婚葬祭にも使えますので、婚約指輪代わりにパールネックレスやお揃いのピアスorイヤリングというのも素敵です。

結納金無しという場合は婚約指輪も無しになる可能性はありますが、人気の時計ブランドの時計を選んでおけば、金額も気にせずお返しやお礼なども省略できます。

ただしこの場合は同額になる可能性がありますが、いずれ夫婦になる2人ならそれもありでしょう。

婚約指輪はダイヤモンドではなく、他の宝石もあります。

パールはいろいろなシーンに合うので、ダイヤモンドではなくパールを選ぶのもおすすめです。

ただし結婚は親同士も絡んできますので、必ず両親や義両親の意見も聞いておきましょう。

ネックレスやペアリング、お揃いの腕時計、パールなど、婚約指輪代わりの選択肢はいくつかあります。

予算がなく直ぐに購入できない場合は、とりあえずペアリングで済ませておき、後から余裕ができたときに、誕生日やクリスマスにサプライズプレゼントしても喜ばれるでしょう。

結婚式のスタイルも様変わりしていますし、結婚のスタイルも人それぞれです。

ただし婚約指輪も婚約指輪の代わりも、おめでたい事ですから中古ではなく、必ず新品を選んでください。