婚約指輪を付けるタイミング

婚約指輪をもらった時、それをいつつけるか、これも人により違いはあります。

一般的にはプロポーズの時に婚約指輪を受け取りますが、結納の時に婚約指輪を渡す習慣もあります。

男性がプロポーズをして女性がそれを受け、結婚の約束をすると婚約者となります。

婚約期間は婚約指輪を左手薬指にはめていれば、何も言わずとも婚約者がいる人もしくは、只今婚約中です、というサインにもなります。

婚約指輪は婚約記念品として結納の時に改めて贈られる事もあるので、こういう場合は一旦彼が保管して、結納の席で改めて渡します。

ただし今はあまり堅苦しい形式ばったスタイルを好まない人も多く、結納はせず婚約指輪をプロポーズの時にもらい、つけっぱなしというのも多いかもしれません。

婚約指輪をつけっぱなしにしていても、特にマナー違反ではありません。

婚約指輪をいつつけるかは個人の自由でしょう。

ただし結婚生活が始まると、家事などで指輪が傷つく可能性もあることから、外出時だけ婚約指輪をはめ、普段は結婚指輪だけで過ごす人もいます。

婚約指輪は観賞用と考える人もいて、普段は身につけずにしまっておき、クラス会や冠婚葬祭用としていざという時だけ身に付ける人もいます。

エンゲージリングの使い方も人それぞれですが、大粒のダイヤリングでも婚約指輪としてもらったものならいつつけるのも自由です。

ただし、お葬式のような場にキラキラ光る大粒のダイヤリングなど光りものをしていくと、非常識な人と思われてしまいます。

既婚女性としてはこういったマナーはわきまえておくべきでしょう。

自分だけでなく配偶者や子供にも恥をかかせてしまいます。

普段からつけっぱなしの人は、せめて、ダイヤモンドが内側に来るよう隠すなどの配慮は必要です。

仕事柄婚約指輪を指にはめられない場合は、ネックレスにして身につけておく事もできます。

ネックレスなら服で隠せますから、あまり胸の開いた服装でなければ非常識にもなりません。

挙式の時には結婚指輪の交換をしますが、この場合婚約指輪をどうするかも意見が分かれます。

つけっぱなしもいいのですが、記念写真撮影などもありますし、何もない状態で結婚指輪をはめたほうがいいと考える人も多く、挙式当日はしまっておくか、後から付けるのが多いようです。

披露宴では婚約指輪と結婚指輪をはめていてもいいかもしれませんね。

ある程度自由ですが、自分の生活や仕事に合わせて決めていきましょう。