婚約指輪と結婚指輪の意味

結婚の申し込みとなるプロポーズをする場合は婚約指輪を、結婚して夫婦となる証に結婚指輪を、左手薬指にはめます。

最近は結婚式をせず、プロポーズと入籍、親族や友人に簡単なお披露目をするだけというシンプルなスタイルも増えていますが、婚約指輪無しや結婚指輪無しというカップルもいます。

婚約指輪は頑張って購入し、それまで付けていたペアリングを結婚指輪兼用にする事もできます。
が、果たしてどちらも用意しなければいけないのか?
それとも両方無しでもいいのか?
ここは迷ってしまいます。

順番としてはプロポーズの時の婚約指輪が先で、次に結婚指輪となりますが、そもそもなぜ指輪が必要なのでしょうか?
指輪に関しての起源は古代ギリシャにあると言われています。

古代ギリシャでは愛する人に婚約指輪として鉄や貝で作った指輪を贈っていたと言われています。

材質は今と大分違いますが、古代ギリシャでは左手薬指は心臓と繋がっていると考えられていました。
愛する人に自分の愛情を使え、夫婦となって一生添い遂げるという誓いの証として指輪をするようになり、それが形を変えて今のスタイルになったのです。

宝石がついた指輪を贈るようになったのは大分後のことですが、宝石はダイヤモンドである必要もなく、好みで選べます。

ただダイヤモンドリングにする理由としては、ダイヤモンドの石言葉に理由があります。

ダイヤモンドの石言葉は、純潔、純粋無垢、永遠のキズナなど結婚の誓いにぴったりなのです。

ダイヤモンドは世界一硬い宝石としても知られていますが、世界一の硬さが揺るぎない愛を意味するという説もあります。

結婚指輪と婚約指輪の必要性についてですが、ここは個人差が大きくなります。

例えば再婚同士やどちらかが再婚という場合は、あまり派手にしたくないので婚約指輪も結婚指輪も無しというケースもあれば、結婚指輪のみというケースもあります。

最初は無くても、生活を共にしながら、経済的な余裕ができた時に、結婚指輪を用意することもできます。

装飾品があまり好きではない人は、どちらも必要ないと思うでしょう。

仕事柄指輪ができない人もいますので、各自が必要に応じて決めればいいのです。

プロポーズといえばダイヤモンドの婚約指輪の出番というイメージもありますが、最近は必ずしもそうとは限りません。

結婚予定のカップルがペアリングをしていて、お互いが納得していれば特に結婚指輪を買いなおす事もありません。